アレグラが忘れさせてくれた、花粉症

アレグラで花粉症を忘れましょう!「花粉症なんてもうイヤだ!こんなツライの!それにもう治るわけないんだし…」そんなあなたにアレグラ処方!すっきり爽やか気持ちいい春がやってきます。

花粉症の男性とアレグラの写真

アレグラで春が好きになって花見も楽しめる

春先、鼻水がだらだら、鼻づまりなどで頭が重いとせっかくの行楽気分も台無しです。花粉症の人にとっては、春が来るのが憂鬱というほど花粉は宿敵です。涙もとまらないほど花粉症に悩まされていては、花見も楽しめません。花粉症の時期になると、いろいろな薬品がCMで流れ始めます。長年花粉症に悩んでいる人にとって、市販薬はおなじみのものです。しかし、どの薬を試しても、眠くなってしまい、仕事どころではなくなってしまうという悩みを持っている人が多いものです。そういう人は、ハーブのサプリやハーブティーを試してみたり、適度な運動やヨガを試して体質を改善したり、涙ぐましい努力をしています。最近では市販薬の中でもアレグラに注目が集まっています。アレグラにはフェキソフェナジンという成分が含まれています。アレルギー症状はヒスタミンという物質が原因で引き起こされます。フェキソフェナジンにはヒスタミンの働きを抑える作用があるため、これによりアレルギー症状を緩和します。しかし、フェキソフェナジンにはたしかにアレルギー症状を緩和する効果はあるのですが、アレルギーそのものを治療する薬ではないので、このことを忘れないようにしましょう。
アレグラは安全性が高い上に、なにより眠くならないためとても人気のある薬です。アレグラは、皮膚のかゆみにも大変効果があり、皮膚科で多く用いられている薬です。病院などでも処方されている薬ですから、安全性も高いものです。春先になると皮膚のかゆみ、アレルギーに悩まされる人もかなりの数に上ります。そのような悩みもアレグラが解決します。眠くならず、副作用もほとんどない薬ですので、長期服用も可能です。また、急にじんましんが出たという場合にも、アレグラは、フェキソフェナジンの抗ヒスタミン作用で、じんましんを止めることができます。あまりにも急速に広がる湿疹は、念のために皮膚科医に相談してからアレグラを処方してもらえば、さらに安心でしょう。アレグラは多くのアレルギーに悩む患者を救う薬です。
また最近では、第二世代の抗ヒスタミン薬といわれているザイザルという薬も登場しました。ザイザルもアレグラ同様、アレルギー症状を緩和する薬なのですが、抗アレルギー薬にはよくある、口の渇きや眠気などの副作用がさらに少なくなったと言われています。
花粉症やアレルギーで、1年のうちで最もいい季節である春を楽しめないのはもったいない話です。アレグラやザイザルのような良い薬で、花見や春の行楽シーズンを明るく迎えたいものです。

■花粉症でお困りの方はコチラ!
花粉症にはオロパタジン