アレグラで花粉症を忘れましょう!「花粉症なんてもうイヤだ!こんなツライの!それにもう治るわけないんだし…」そんなあなたにアレグラ処方!すっきり爽やか気持ちいい春がやってきます。

花粉症の男性とアレグラの写真

にんにくでアレルギー発作、アレグラは効く?

牛乳や卵などの食物アレルギーはよく知られていますが、実は意外と知られていないのが、にんにくアレルギーです。にんにくアレルギーの人がにんにくを食べると、頭痛や嘔吐、下痢などの症状に見舞われます。また、じんましんが出たり、目がかゆくなる人もいます。更に症状がひどい人だと、アナフィラキシーの発作を起こすこともあるようです。しかもにんにくは、他のアレルギーを起こしやすい食べ物とは違い、特定原材料としての表示義務がありません。また、原材料として使われる量も少量なため、パッケージの原材料の欄でも目立たず見落してしまう可能性もあります。ですから、にんにくアレルギーの人が、誤ってにんにくを食べてしまう危険性はかなり高いのではないでしょうか。そんなもしものときのために、アレルギー治療薬を家に常備しておくことをおすすめします。例えばアレグラは、花粉症の治療薬として有名になりましたが、アレルギーを身体の中からしっかりと抑えてくれる働きがあるため、鼻炎ばかりではなく、にんにくアレルギーにも十分効果が期待できる薬です。またアレグラは、お医者さんの処方薬としても使われていますが、私たちもドラッグストアなどで自由に購入ができる薬です。処方薬になるほど効果の高い薬が、いつでも薬局で買えるのなら、仕事が忙しいときにも病院に行くことなく、空いた時間に買いに行くことができます。ストックを切らさずに済みますし、大変便利で助かります。更にアレグラには、従来のアレルギーの薬の副作用などの不便さがありません。例えば服用は、1日2回でよいため、飲み忘れがあまりありません。またアレルギー薬につきもの、嫌な眠気や口の渇きもほとんどありません。備えあれば憂いなし。アレグラを常備薬に加えることで、もしものときの心配がなくなります。