アレグラで花粉症を忘れましょう!「花粉症なんてもうイヤだ!こんなツライの!それにもう治るわけないんだし…」そんなあなたにアレグラ処方!すっきり爽やか気持ちいい春がやってきます。

花粉症の男性とアレグラの写真

アレグラは副作用なくピーナッツアレルギーの症状緩和

食べものアレルギーという言葉があります。
ピーナッツ、ソバ、卵、牛乳などが、たとえ微量であっても、人によってはアレルギー反応を起こすことがあるとして、知られています。
皮膚症状としては、じんましんや腫れ、かゆみが出てきます。
一般的には狭い範囲での発症ですが、中には、広範囲に症状が広がることがあります。
そんなときは、すぐに医療機関で診察を受けることが大切です。
また、鼻炎や喉内側の腫れ、喘息などの呼吸器症状が出現することもあります。
ほかにも、まれに、吐き気や腹痛、下痢などといった消化器症状や、血圧低下や呼吸困難、顔色が青白くなるなどの循環器症状が見られることもあります。
とりわけ、昨今は日本でもピーナッツアレルギーの子供が増えてきています。
これが、たとえばピーナッツバターやチョコレートなどのお菓子に含まれているというケースであれば判断がつきやすいのですが、ときには、カレールーや調味料などでも使われることがありますので、表示されている原材料の名称を確認しておく必要があります。
また、加工食品を買う場合も、原材料表示はもちろん、コンタミがないこともチェックしておかなければなりません。
こういったアレルギー症状を緩和するのに、アレグラは大いに役立っています。
アレルギーが出てくるのは、ヒスタミンという体内物質が原因しているのです。
アレグラは、ヒスタミンの受容体をブロックし、その働きを抑制しますので、アレルギー症状が緩和されるのです。
ですから、花粉症のようなアレルギー性鼻炎はじめ、じんましんや湿疹、皮膚のかゆみなどに優れた効果を発揮しています。
また、アレルギー症状を緩和させる薬には、眠気を生じさせる副作用を伴うものが多いのですが、アレグラは眠気の副作用は格段に少なくなっています。
そんなメリットがありますので、医療の現場では、アレグラを積極的にアレグラを処方する医師が少なくありません。