アレグラで花粉症を忘れましょう!「花粉症なんてもうイヤだ!こんなツライの!それにもう治るわけないんだし…」そんなあなたにアレグラ処方!すっきり爽やか気持ちいい春がやってきます。

花粉症の男性とアレグラの写真

アレグラは花粉症以外にも効果がある!?

フェキソフェナジン塩酸塩を有効成分にしたアレグラは、第二世代抗ヒスタミン薬として特徴的な眠気を抑え、副作用の少ない花粉症の症状などに対応した飲み薬となっています。その安全性の高さから、病院での処方以外にも、ドラッグストアや薬局などでも市販薬として販売され、多くの人が利用できるようになっている薬です。抗ヒスタミン薬と呼ばれるものは、アレルギー症状を起こすアレルゲンが体内や皮膚に接触することで発生する、化学伝達物質のヒスタミンが遊離し、全身の受容体に結合することで発生する過敏症状を防ぐ働きを持ちます。正確には受容体へと先回りして結合するのを防ぎ、さらにヒスタミンだけでなく、肌の炎症を発生させるロイコトリエンなどの物質が遊離するのを防ぐ働きもあります。体内でヒスタミンやロイコトリエンなどが遊離するには、花粉やダニの死骸、タバコの煙、室内の埃、屋外の砂埃など、一般的にはハウスダストと呼ばれる様々なものを原因とします。そのため、花粉が飛び回る春先だけでなく、夏場に掃除ができていない室内でも過敏症状が度々発生します。アレグラはその知名度から花粉症の治療薬と考えられていますが、抗ヒスタミン薬としての作用機序から、花粉以外でも様々なハウスダストで起こるアレルギー性の症状に対応しているのです。ただし、市販されているアレグラFXはアレルギー性鼻炎のみを適応症としていて、それ以外の症状には対応していません。病院で処方されるアレグラ錠は、花粉以外にも様々なアレルゲンによって引き起こされる鼻炎、蕁麻疹、発疹に加え皮膚炎、喘息にも対応します。また、適応症としては書かれていませんが、アレルギーを原因とした大抵の症状には対応しているので、アレルギー性結膜炎にも効果があると言われています。