アレグラで花粉症を忘れましょう!「花粉症なんてもうイヤだ!こんなツライの!それにもう治るわけないんだし…」そんなあなたにアレグラ処方!すっきり爽やか気持ちいい春がやってきます。

花粉症の男性とアレグラの写真

柴犬の毛でアレルギー、薬はアレグラ?ゼスラン?

動物アレルギーの中で一番よく知られているのは、猫アレルギーです。しかし、長年花粉症などのアレルギーを患っている人の中には、猫だけではなく、犬やウサギ、ハムスターなどの動物でもアレルギーを起こす人がいます。例えば柴犬は毛も短く、抜け毛の量も少ないため、アレルギーはあまり起こらないイメージがありますが、長年アレルギー体質だった人は、要注意。ある日突然、柴犬でもアレルギーが起きることもあるからです。そんなときに備えて、アレルギーの薬を常備しておくとよいかもしれません。花粉症をはじめ、どんなアレルギーにも効く薬に、アレグラとゼスランという2つの薬がありますが、柴犬などの動物アレルギーには、どちらの薬を選んだらよいのでしょうか。そのために、ここではこの2つの薬の特徴を比較します。まず、アレグラもゼスランも、どちらも服用回数や錠数は同じで、1日2回、1回につき1錠の服用となります。また、どちらの薬にも眠気が出にくく、口が渇きにくいという、従来のアレルギー薬の困った副作用がほとんど出ないという利点もあります。しかし、人によっては、ゼスランでも眠気が出るという人もいますので、そのような場合は、お医者さんに相談するとよいでしょう。そして最大の違いは、アレグラは病院でも処方してもらうことができるし、同じものをドラッグストアで買うこともできます。ドラッグストアで買えるなら、いつでも切らすことなく常備薬として家に置いておけるので助かりますね。その一方で、ゼスランは、病院でしか処方してもらうことができません。市販の薬には、同じ成分を使ったものがあるのですが、お医者さんの処方と同じものは市販されていないのです。アレグラのような、病院の処方薬を同じものがドラッグストアで自由に買える便利な時代になりました。ご自分のライフスタイルに合わせて、体質や目的に合った薬選びができるのは助かりますね。