アレグラで花粉症を忘れましょう!「花粉症なんてもうイヤだ!こんなツライの!それにもう治るわけないんだし…」そんなあなたにアレグラ処方!すっきり爽やか気持ちいい春がやってきます。

花粉症の男性とアレグラの写真

花粉症対策のランキングの緑茶とアレグラ服用

現代病の典型例でもある花粉症は、多くの人々を悩ませています。
そもそも花粉症が出現するメカニズムは、体が花粉を異物として認識することが原因しているのです。
花粉が鼻や喉の粘膜から体内に入ってくると、体内に花粉に対する抗体を持った細胞ができます。
そして、次に花粉の侵入があったときに、クシャミや鼻水などによって、異物を体外に排出しようとするのです。
花粉症に対しての家庭で行われている対策として、代表的なものに、茶を飲むことがあります。
花粉症の民間療法ランキングでは、トップクラスに登場しているほどです。
もちろん、茶は医薬品ではありませんので、茶を飲んだからといってすぐに症状が改善されるわけではありません。
また、茶が花粉症を緩和することへの医学的な根拠があるわけでもありません。
ただ、たとえばノンカフェインや低カロリーの茶を選ぶこともできますし、安全性の点の高いこともニーズが高い理由の一つとなっています。
茶の中でも、緑茶、甜茶、なた豆茶、ルイボスティーが花粉症に対する効果が期待されると言われています。
緑茶に含まれている茶カテキンという成分が、アレルギー症状に対して目覚ましい働きをするのです。
緑茶は、大きな副作用の不安がなく、子供や高齢者でも安心、妊娠中の女性でも飲用可能、花粉症緩和以外のリラックス作用や美肌作用といったプラスアルファも期待できるなど、大きな利点に恵まれています。
緑茶は、花粉が飛散する1カ月以上前から飲み始めると、症状緩和に大いに力を発揮してくれるようです。
もし花粉シーズンが始まってしまっていたら、そのときは、医師から治療薬のアレグラの処方を受けるのが最適です。
アレグラは脱力感や眠気などといった副作用もあまりなく、大変に使い勝手の良い花粉症治療薬として定評があります。